スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アブチロンの勉強②

前回に引き続いてアブチロンのことについてです。

勉強中ですし、まだ育った姿をきちんとみたことがないので、ネットで見た写真の情報が主なことになります。





ネットを回っているといろいろ良い写真があるのですが、使用許可の権などいろいろあるため、イラストを交えて!
使用している写真は花の館様が写真を自由に使用して良いとの許可を頂きましたので使用させていただいております。


-----------------------------------------------------------------------------------
アブチロンの花の特徴として

①花びらが薄い
②脈がはっきり見える。
③ガクがカラフル



アブチロンは花びら以外にもガクの部分の色が鮮やかで多様なのが特徴です。

花びらの色は、赤、ピンク、黄色、オレンジ、クリーム、白など。

ガクの色も同じように、赤、ピンク、黄色、オレンジ、白、クリーム、グリーン
と色が付くので、品種改良の目的の一つとして花びらの色以外にもガクの色も重要となってくるようです。

ついでにしべの色もいろいろ出るようです。



写真はオレンジドロップ
オレンジ色の花びらに黄緑のガク。おしべとめしべは赤いようです。
7633617.jpg


今回の種はどんなのができるんでしょうか。

イラストの横のはアブチロン ベラを調べてた時のメモです。
ベラ系は花が開ききった上向きに咲く品種です。
樹形が小さい割に大きな花を咲かせるようです。
今回使用されている親品種は調子がいいと9cmを超える大輪だそうです。
矮性品種は花も小さくなるようですが、これは大きい!

2.jpg


これは徘徊して写真を見ながら観察した様子。
実物みてないから間違ってるかも@@;
1.jpg



まあ、なにはともあれ植えないと始まらないので、植え方!

発芽温度
・夜温15-18度
・昼間温18-21度

15度を下回ると生育が遅れ、30度を超えると発芽障害が起きるかもとのこと。
奈良県の気温はまだ夜温が低い時は0~1度程度になることがあるので、4月の頭に植え付けしようと思います。
温室で

今日200マスのセルトレイを3枚(単位あってる?)と種まき用の土を購入してきました。
発芽率は期待しないでくださいとのことだったので、はたしていくつ発芽するかなぁw
ぱっと見200個ちょっと種が入っていたように思います。

また種蒔きしたら経過を報告します!

スポンサーサイト
[ 2012/03/17 23:10 ] ハイツ庭 アブチロン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hightsniwa.blog.fc2.com/tb.php/40-f946fdd1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。