スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地産地消を楽しむエコ料理

26日(日)に『地産地消を楽しむエコ料理』というイベントに参加してきました。

riwaは生駒市が主催する環境保全団体で、ECO-net生駒という団体に所属しています。この団体は、行政・事業者・市民が一緒になって環境の保全活動をしていきましょうという団体です。

riwaは生駒市民ではないのですが、職場が生駒市内のため参加することが出来ました。


今回のテーマは地産地消ということで、市が借りている遊休農地で育てた黒豆とネギと、奈良県産ひのひかり、大和ほうじ茶、旬の白菜やカブを使った料理を作ってみんなで食べました。
メニューは、黒豆ごはん、白菜の中華風漬物、カブと鶏団子のクリームシチュー、ネギ焼き、ほうじ茶プリンの黒豆添えです。

エコということで、なるべくゴミを出さないようにしようということで、普段は捨ててしまう、カブの葉や白菜の芯部分もおいしく食べました。カブの葉は漬物に刻んで入れて、白菜の芯はすりおろしてシチューに加えました。


食材のごみは、枯れたネギの先ぐらいだったと思います。

自宅ならこれも庭に埋めて肥料にすればごみがなくなります。


イベントは大好評で、みんなで楽しくご飯を食べて、初対面の人とも仲良く料理から片付けまですることができました。






エコとか環境保全ってすごく堅苦しい感じがするけど、じつはそんなことない。
気をつけれられるところからはじめたいとおもいます。

私の所属しているのはECO-net生駒の中の自然部会というところで、河川を子供が遊べるようにしようとか、里山を守って動植物を守りたいという思いの部会です。

私の昔住んでいたところは、周りは草原がいっぱいあって、虫取りをしたり、たくさんの草花が身近に咲いている場所でした。夏は自動車販売店の明りにたくさんのカブトムシやクワガタ虫が来て、取りきれないほど取り放題できたり。でもいまは私の大好きだった草原は住宅になってしまって無くなってしまいました。カブトムシも自動車販売店ではとれません。山や林ですら少なくなっているのですから・・・。

住宅ができるのが悪い事だとは思いません。
人が増えるのだから、住むところは必要です。


でも今、人は減ってるのだから、もうあまり増やさなくてもいいのかなと個人的には思います。
自分の大好きだった場所は無くなってしまったけど、残せるところは残ったらうれしいなと思うのが私の思いです。


ついでに、マメ知識ですが、フライパンの油を流しにそのまま流して、それが川に直接流れたら、どれだけの水で薄めれば元の川のきれいさにもどると思いますか?

答えは、約お風呂の水330杯です。この量をどう思いますか?日々の水道代に換算したら恐ろしいです・・・・・。


ちょっとでいいので、エコ考えてみませんか?

スポンサーサイト
[ 2012/02/27 12:53 ] 環境活動 ECO-net | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hightsniwa.blog.fc2.com/tb.php/6-aace23cb


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。